イタリアの家庭料理

イタリアの家庭料理ってどんなのがあるの?

家庭料理というと、お母さんが作ったおふくろの味みたいなものを想像しがちですが、これは日本に限った話なのでしょうか?イタリアでも同様なのでしょうか?
気になったので、イタリアの家庭料理について調査してみる事にしました。

イタリアの家庭料理の朝食

もちろん、家庭料理であるので、各家庭によって違いはあるものです。それは万国共通ですね。しかも、イタリアは決して途上国ではありませんので、日本ほどに食に多様性に富んでいるわけではないにしろ、それなりに各国の料理を食べる事が可能です。
ですので、昨今では朝食も多様性に富んでいます。ここでは一部をご紹介します。
やはり、朝はシンプルで、軽めのものが多いです。ある家庭では、クッキーと果物、ヨーグルトだけという、簡単な朝食でした。
また、他の家庭では、パスタが調理されていたり、豚肉と野菜をオリーブオイルで和えたものが調理されていました。やはりいくら各家庭によって違うといっても、イタリアの家庭料理といえば、パスタとオリーブオイルは避けては通れませんよね。日本でいうご飯と味噌汁のようなものでしょうか。

覚えておきたいイタリアの家庭料理、ズッキーナ

ここで、イタリアの家庭料理の定番中の定番をご紹介しましょう。それがズッキーナです。作り方は非常に簡単ですので、覚えておいてください。
まず、用意するものは、ズッキーニ、卵、オリーブオイル、塩、胡椒、そしてお好みによりパルミジャーノです。
ズッキーニをスライスし、塩をまぶして30分程度置きます。余分な水分をとるためですね。
そして、フライパンにたっぷりとオリーブオイルを入れ、弱めの火力でズッキーニを炒めます。出来上がりの目安としては、炒めてズッキーニの大きさが原型の半分程度になった頃が頃合いとなります。
そして最後に、ボウルに卵、塩、胡椒、パルミジャーノを入れて溶き、それも炒めれば出来上がりです。とても簡単でしょう?ぜひ試してみてください。

イタリアの家庭料理は、もちろん日本とは文化的土壌が違いますので、朝食からパスタが登場したりなど、日本とは異なる風土で出来ています。ですが、家庭料理ですし、やはり比較的あまり手間がかからず、かつほっとするようなものがでる傾向にあるようです。もちろん、イタリアの家庭料理といっても様々です。確かに多様化し、様々なモノが食べられますが、日本では未だにご飯と味噌汁が一般的な朝食であるように、イタリアでも文化的にずっとそうであったものは今でも愛されているようです。

  • 京都 寿司 すし稲京都でお寿司を食べるなら、すし稲はいかがですか。烏丸通にあるお寿司屋さんで、旬の食材を利用したメニューが人気。
  • 老香港 オールドホンコンシュカキョウト京都の中国料理の老香港酒家京都は四条烏丸にあるお店。香港スタイルの料理店で、常連さんがながく通う隠れた名店です。
  • 新宿居酒屋 個室王の宴は東口徒歩2分の居酒屋です。大人数の宴会から、2人での個室まで、様々なシーンでご利用頂けます。歌舞伎町にあれど、中はとても大人な雰囲気。薄暗い空間にクラゲがゆらめくアクアリウムは、雰囲気たっぷりです。
  • 焼肉店へ無煙ロースター導入なら無煙ロースターは煙が出ないことで女性客に向けたアプローチができ、集客力が上がるという特徴があります。設置が簡単でコストも安いので、お薦めです。
  • 川崎 スナックならプログレス。一人で飲めて落ち着いた雰囲気のお店です。
  • 新宿の美味しいイタリアンならRISTORANTE CARRIERA。野菜がたっぷり取れるだけでなく一般的なイタリアンより量が多くお腹いっぱいに食べられます。
  • みなかみ観光 おまんじゅう丹誠込めて製造したおまんじゅうをお届け。古来より続く「蒸す」という製法の蒸し饅頭類は、なくてはならない定番です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ